世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

米国政府のIOT政策SmartAmerica Challenge!!


<出所:http://iq.intel.com>

米国政府はIOTをCyber-Physical Systems (CPS) と呼んでいるようです。SmartAmerica Challengeは米国政府のIOT政策と考えてよいようです。政府としては基本的な社会インフラ= transportation, energy, manufacturing, and healthcareを新しくIOT向けに作る直す方針です。 SmartAmerica Challenge の中でも交通( transportation)は特に重視されています。(エネルギーはスマートグリッドで対応しましたので)残りは交通、生産、ヘルスケアなどです。一部の大学群はsmart roads を考えているようです。軍やサンノゼ市などもホワイトハウスの期待に答えています。IOTを使ってサンノゼ市の空気の質( quality of the air)騒音や汚染(noise pollution )交通混雑緩和 (traffic flow )などの改善を計画中です。サンノゼはグリーンビジョンと呼んでいます。インテルもそう言った動きに参加しています。街中の様々な場所にセンサーを置き、仕事を作り出し、空気を綺麗にしています。

Intel and San Jose joint SmartAmerica Project

★★ SmartAmerica Expo, June 11, 2014

★★SmartAmerica Challenge Revs Up Transportation Innovation

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年7月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031