世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

「データヘルス計画」を策定する健康保険組合とウエアラブル


 KOUROUheader_logo_mhlw

厚労省がモデルとなる「データヘルス計画」を策定する52の健康保険組合を公表しています。

日本でもアイウオッチやフィットビットが使われる方向になるでしょう。それともネット接続型万歩計かもしれません。仙台の卸売商の健康保険組合は若年層にウェラブル機器を活用した保健指導をするそうです。

ワールド健康保険組合はスマフォ利用です。事例のローソンはスマートフォンと万歩計ですね。ネット接続型であればウエアラブルですが。

この度、平成26年度に全ての健康保険組合等が「データヘルス計画」を策定するに当たり、モデルとなる計画を先行して策定する健康保険組合52組合について、計画の概要等を取りまとめましたので公表します。
 なお、全国健康保険協会については、広島支部・大分支部をはじめ、十数支部においてモデルとなる計画の策定を予定しています。

※ 厚生労働省では、医療保険者が、平成26年度以降、順次、レセプト・健診情報等を活用した保健事業の実施計画(データヘルス計画)を策定し、実施していくことを推進しています。

★★モデルとなる「データヘルス計画」を策定する健康保険組合等の公表

★★本格始動する「データヘルス計画」

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031