世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

米国CATVの厳しい現状、TV局ターナー、10%人員削減


TURNER_G_20141006182506

<出所:ウオールストリートジャーナル紙>

 

ウオールストリートジャーナル紙の記事ですが、米国のCATVは視聴者の減少で相当厳しいようです。一方NBAとの契約で従来の3倍の値上げをのまされています。米メディア大手タイム・ワーナーのCATVターナー(TNT、TBS、CNN)は、人員を10%削減すると発表しました。(従業員の10%にあたる1475人の削減計画)

確かにタイム・ワーナーは21世紀フォックスによる買収提案(ターナーが最後は拒否)などの話が飛び交うはずですね。

 一方番組の値上げ圧力も強いです。

 ターナーは同日、スポーツチャンネルESPNの過半数株を保有するウォルト・ディズニー とともに、米プロバスケットボール協会(NBA)と長期テレビ放映権をめぐる合意に達したことを明らかにした。NBAは従来の契約と比較して年間収入が3倍近く増加することになる。

★★米ケーブルTV局ターナー、10%人員削減へ

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930