世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

サムスンはスマートデバイスを全てSmartThings とTizen operating systemに繋ぐ


DVimg_7997

<出所:ベンチャービート>

 ベンチャービートの記事ですがスマートホーム(IoTの一領域)の時代となって今後の開発デバイスは全てスマートホームのハブであるSmartThings に繋ぎ、Tizen operating systemで開発すると開発者会議で発表しました。(Samsung Tomorrow developers conference,)

 グーグルのネストに相当するプラットフォームThe SmartThings platformは5つのパートに別れています。スマートホンなど、そのアプリ、自宅のハブ、操作対象機器、そしてクラウドのアプリです。アプリは全て HTML5 and Javascriptで作ります。

The SmartThings platform consists of five major parts, according to SmartThings CEO Alex Hawkinson. These include a central connection hub, in-home devices like Sonos sound systems and sensors, a place in the cloud where developers’ smart home apps live, connected consumer devices like Jawbone wearables, and finally a master app for controlling it all.

Samsung Tomorrow developers conference

★★Samsung says all its new devices will integrate with the SmartThings smart home platform

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031