世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アップルのWebTVサービスは2018年CATVを破壊し一千万契約獲得予測


biiapplepaytvrevenue_6_5_15

<出所 ビジネスインサイダー   >

 約3千万契約を目標としていると予測されているアップルのWebTVサービスですが、ビジネスインサイダーの予測では、2015年秋に登場した場合、2016年には24.2億ドルの売り上げが上がり、2016年に登場した場合には、この24.2億ドルが無くなると予測しています。月額35ドルと仮定すれば、年間420ドルですから2015年秋に出した場合、2016年には約570万契約をアップルは取っていると言う予測です。2018年には43億ドル=1千万契約を獲得している予測です。他の予測では契約者にはiTunesストアの映画を見放題にすると言う見方もあります。確かにiTunesストアの映画一本5ドルや20ドル(1日)などはアウトカム経済から見れば中世の値付けですから。

 

The iTunes Store has almost every new movie and TV show you could think of, but there’s one major problem: Its pricing structure is downright medieval.

Most new movies from the iTunes Store still cost around $5 to rent or $20 to own. And when you rent a movie, you only have 24 hours to finish it once you’ve started playing it.

 

★★Apple could miss out on a $2.4 billion opportunity next year by delaying its new TV service
★★New Apple TV Delayed Due To Negotiations For Local Broadcasts

 

★★Apple TV 2015: What’s Apple planning for its next set-top box release?

★★Apple TV subscription service: Has it really been delayed until 2016?

★★Apple has an opportunity to completely change TV if it uses this model

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031