世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アップルミュージックを独占禁止法違反で調査、欧州委員会、米国司法省、公正取引委員会


beats-music-app-ios

<出所 マックルーマー >

 アップルミュージックの発表前から既に調査は始まっていました。独占禁止法違反で調査欧州委員会、米国司法省、公正取引委員会による調査です。スポッティファイやYouTubeにレコードレーベルが音楽を出すのを「規模を背景にアップルが妨害した疑い」がもたれています。

★★Apple pushing music labels to kill free Spotify streaming ahead of Beats relaunch

★★FTC Also Investigating Apple’s Upcoming Music Streaming Service

★★アップルの音楽ストリーミングサービス、米司法省とFTCが注視

★★Apple Urging Music Labels to Stop Licensing Free Songs on Spotify and YouTube

★★アップルの音楽ストリーミングサービス、米司法省とFTCが注視

引用http://wirelesswire.jp/2015/05/30006/

The Vergeによれば、アップルがこのサービスに楽曲を提供する大手レコード会社各社に対し、競合する音楽ストリーミングサービスのスポティファイ(Spotify)との契約内容を見直すよう圧力をかけている疑いがあり、具体的にはスポティファイの無料サービスに楽曲を提供しないよう、アップルがレコード会社に働きかけた可能性があるという。

The Vergeではほかに、アップルがユニバーサル・ミュージック(Universal Music)に対して、YouTubeへの楽曲提供を取りやめるよう働きかけているとする情報筋の話も記されている。こちらは、アップルがユニバーサルに対し、YouTubeへの楽曲提供を中止すれば、損失分をアップルが補填すると提案しているという。

引用終わり

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930