世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

NHK放送文化研究所調査「日本人とテレビ 2015」


NHKTV

<出所 NHK放送文化研究所調査  >

 2010年にはテレビは55%必須(最も欠かせない)、インターネットが14%必須だったのが2015年にはテレビは必須50%、インターネットが必須23%に増加しています。

初めて視聴時間が短時間化する傾向が表れました。また「テレビよりネット動画が面白い」という回答が20代以下を中心に増加するという結果になっています。年代別では「ほとんど、まったく見ない」の割合が20~50代で増加しています。2015年にはテレビを全く見ない層が20代16%、30台13%だそうです。(これは恐らくほとんどがM1層ですね)全体では「ほとんど、まったく見ない」「短時間(30分~2時間)」とする回答は3ポイント増えて38%です。

★★テレビ離れ進む? 視聴時間初めて短く、ネットの存在感高まる

★★20代以下の半数は「テレビよりネット動画が面白い」。NHK文研調査

★★日本人とテレビ 2015

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

 

関連記事

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930