世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

米国9月のドラマ惨敗、若い男性のテレビ離れ加速、増加する広告時間


Screen Shot 2015 08 18 at 10.08.55 AM

tv ratings

ad stuffingBernsteinThis chart shows how networks are increasing the number of ads they broadcast year-over-year.

 

<出所 ビジネスインサイダー>

ビジネスインサイダーとadageの記事ですが、9月から地上波を中心としてドラマの新シーズンが始まったところでニールセンの調査に基づきadageが視聴率を分析しています。18-to-49の年齢帯域でテレビ利用率は8%下がりました。更に今週の月曜日と火曜日で測定すると10%もテレビの利用率が下がっています。またadageは18-to-24-year-olds(18歳から24歳)の層で、視聴率は昨年同期と比べて20%下がっています。特に男性はこの層で昨年同期対比で24%下がっています。一方男性の18-to-34-year-old men(18歳から34歳の層)では、18%下がっています。

今年の夏にはNetflix and HuluがどれだけCATVなど有料テレビを食ったか(コードカットしたか)が議論されていました。

Sanford C. Bernsteinによれば地上波の視聴率は昨年比9%の低下傾向にあるそうです。3日間の見逃し放送を入れての計算です。(both live and three days after the show was first aired on catch-up services)その結果、地上波各社は広告の時間を10%増やしました。これは収入を増やそうとする悪あがきだと調査は述べています。地上波以外には広告時間を7%増やしたバイアコム(MTV and Comedy Central-owner Viacom (which increased ad load by 7%)) そして A&E TV Networks(Lifetime and History Channel-owner) がドラマなど空時間を削ってCMに時間を回しています。その結果、ネットフリックスやHuluを好むコードカットが加速しています。

 

In a tribute to the late, great Yogi Berra (R.I.P.), let’s just say that it was déjà vu all over again for the Big Four broadcast networks, as sampling on the second night of the new TV season appears to have been about as underwhelming as the first.

According to Nielsen fast national data, every returning Tuesday night drama suffered double-digit ratings declines, while the three new series were a mixed bag.

 

★★TV networks are stuffing more and more ads into the commercial breaks in a ‘desperate’ attempt to counter plummeting ratings

★★ The number of people watching TV is falling off a cliff

★★ Where Did Everybody Go? TV Premiere Week Ratings Sag As Young Viewers Vamoose

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031