世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

オンデマンド経済とプラットフォーム化する企業の形


Part Time Employment chart

    リーマンショックでパートタイムの仕事が増え、人々も企業も様々な工夫をした。その一つがフリーランス、ミニ企業家要素の強いパートタイムの仕事です。売り上げの70%~80%が懐に入ります。企業の形もプラットフォーム型に変化し始めています。

On Demand Chart

<出所  テッククランチ  >

 Intuitの調査によれば2020年までにオンデマンド経済の下、フリーランサー、ミニ企業家、半分雇われの形で働くサービスのプロフェッショナルであるオンデマンドワーカーの数は8百万人にまで増加するそうです。(2015年現在は3.2百万人 Uber, Handy, TaskRabbit, DogVacayなど) オンデマンドワーカーはフルタイムではなく、パートタイムで働きます。このパートタイム型の働き方はリーマンショック以来、増加しています。(企業のニーズにも一部のプロフェッショナルのニーズにも合う)そして働き手の側にはフリーランス要素やミニ企業家要素が強まり、会社は仲介プラットフォームの色彩が強くなってきました。DogVacayなどは犬好きには魅力的なバイトですね。自宅によそのペットを預かります。

 

DogVacay

 

DogVacay About Video

https://youtu.be/QVFcFl4eLv4

★★Intuit Forecast: 7.6 Million People in On-Demand Economy by 2020

★★Can Entrepreneurs Succeed In Today’s On-Demand World?

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031