世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

何故次期ネクサスフォンに中国Huaweiが選ばれたのか


HUAWEI

<出所ビジネスインサイダー>

 ビジネスインサイダーの記事ですが、グーグルの29日の発表ではAndroid Mを使った次期ネクサスフォン(Nexus 6P with a 5.7 inch display)は中国Huaweiが選ばれています。もう一種類のNexus 5X with a 5.2 inch displayは韓国LGです。

では何故中国Huaweiが選ばれたのでしょうか?何故レノボなどではないのでしょうか?中国Huaweiは欧州で売れています。米国では議会の反中国感情(中国HuaweiのCEOが元人民解放軍と言う反発)で中国Huaweiの進出が上手くいっていませんが。それに中国企業のスマートフォンは小米などフォーク版のアンドロイドを使っています。ですからグーグルとしては何としても純正アンドロイド版を多くの中国企業に使わせたい訳です。そこでHuaweiが選ばれました。

Huaweiにとってもグーグルをバックにした米国市場進出は望むところです。

As Huawei has reaped enormous global profits, the brand has failed to catch on in the US market alone. From a certain perspective, being chosen by Google to manufacture its devices is hugely significant to Huawei’s expansion in the United States, and will help the company to continue strengthening its position in global markets as well.

The last Nexus, the Nexus 6, was sold not only through the Google Play store, but in 28 different markets around the world, including Europe, North America, Asia-Pacific, and India.

★★ Why Chinese tech company Huawei was chosen to make Google’s new smartphone

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031