世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

HBO Nowが米国有料テレビに嫌われる訳


 

 

game of thrones-3

<出所 ビジネスインサイダー >

  HBO Nowをブロードバンドで代理店販売しているcatvはCablevision と Verizonしかいません。ブロードバンドの6百万契約を有しているコムキャストは、見向きもしません。同様にCharter and Time Warner Cableも DirecTV もAT&Tも全く興味ないと言った姿勢です。 HBO Nowは現在、43 million U.S. homesの視聴者を獲得しています。そしてHBO Nowにより単独でのインターネット放送に乗り出しました。一方アップルやグーグル、Cablevision と Verizonなどは代理店としてHBO Nowを販売し、レベニューシェアをしています。そこでHBOのCEOであるRichard Pleplerさんは、「売り上げが上がると代理店として稼げるのに何故、有料テレビはHBO Nowに無関心なのか?」と問いかけています。実際、CATV各社はCATV市場の縮小を見てブロードバンド販売に注力しています。そしてCablevision と Verizonは、 HBO Nowの販売代理店になっています。

しかしHBO NOWの2014年秋の発表が放送のインターネット移行への口火を切ったこともあり「裏切り者に手はかせない」と言う気持ちが強いようです。CATVサービスのカニバリ相手に手を貸すのかと言う批判もあります。

 

★★HBO CEO Richard Plepler Criticizes Comcast, Other Pay-TV Firms for Snubbing Streaming Service

★★HBO’s CEO just doesn’t get why big cable companies don’t want to dance with him anymore

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031