世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ロンドン市長の日本訪問とフィンテック議論の滑稽


 Mayor of London travels to Tokyo to promote Britain's financial technology sector only to find that the Japanese are quite handy in that department themselves

 

 

<出所  テレグラフ>

テレグラフの記事ですが2015年10月、ロンドン市長のBoris Johnsonさんが都市間文化交流で日本を訪れ、ロンドンのフィンテックの利用に関して英国大使館で説明しました。

そこで彼はスマートフォンのアプリでバスにも乗れるし、地下鉄にも乗れる(クレジットカードでの支払い)と言ったデモをしましたが、日本のIT関連の大手経営者は日本にもスイカなどがあると全く興味を示さなかったそうです。折角、ロンドン市長がパートナーシップを呼びかけたにも関わらず、冷たい反応でした。

日本にはおサイフケータイがあり、スマートフォンで地下鉄にもバスにも乗れると逆に説明しました。

確かにおサイフケータが普及していればそういう話になるでしょう。しかし一方おサイフケータイはモノ支配論理(モバイル電話の中にお金がある古い形)の為、時代遅れであるのも確かです。

アップルペイなどの広い意味でのモバイルアプリ方式は定期券もクレジットカードやデビットカードは基本クラウド上に置かれ、お金もクラウド上に置かれます。そうすればスマートフォンでもウエアラブルの指輪からでも支払いが出来ます。広い意味でのモバイルバンキングが日本では全く進んでいません。これが日本の後進性を表しています。

 

 

★★ Boris Johnson shows off British cashless technology to Japanese audience… who pay with their mobile phones

★★ Death of cash? Maybe, but not quite yet in Japan

★★ 「Apple Pay対応端末、日本でも」、米スクエアのドーシーCEOが明言

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

 

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031