世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

5年間で2400支店が消える英国銀行業界、フィンテック


Bank signs on high street

 

mobile cheque

Customers use mobile banking apps more often than they do branches

小切手の処理はモバイルで実施される。

 

<出所 http://www.telegraph.co.uk/   >

 バークレーバンクの前頭取がウーバーモメントを述べたのが良くわかります。英国では5年間で2400支店が消えると予測されています。理由はモバイルバンキングの進展で銀行支店やATMが不要となった為です。 バークレーバンクだけではなくHSBC や Royal Bank of Scotlandも同様です。

予測はマッキンゼーです。現在、約1万弱の銀行支店がありますが、5年後には7500程度に減る予測です。クレジットカードは80%がアプリで使われるようになり、支店は不要になるが、一方モーゲージローンは15-30%が物理店舗で商談が行われるとマッキンゼーは予測しています。だから75%の支店は必要だと言うわけです。バークレー銀行も700程度店舗が減ります。

Barclays や Lloyds 銀行はクレジットカードの請求処理をアプリで出来るようにした上に、郵便局を預金集めの代理店に使い始めています。ATMも支店を置き換えています。

 

 

Barclays and Lloyds have even developed apps that allow customers to pay in cheques via a photo on a mobile phone, and are rolling out the service across the industry next year.

★★ Thousands more UK bank branches could face closure

★★ Barclays leak reveals 30 more branches to close between now and October

HSBC Paymお互いを登録すれば電話番号で支払えるモバイルバンキングアプリです。

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

 

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829