世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

Amazon Payment発表、フィンテック


 

 

amazon-payments-site

 

 

<出所 テッククランチ>

 テッククランチの記事ですがアマゾンペイメントグローバルパートナープログラム(様々な通販サイトを支援するソフトウエア企業対象)が発表されました。 2013年から始めたPay with Amazon(170か国で展開)サービスは2015年には売り上げが150%も成長しています。また参加ショッパーの数は200%増加しました。そこでPay with Amazonの拡張としてAmazon Paymentグローバルパートナープログラムを打ち出しました。基本は非常に単純なサービスですがペイパルなどに対する影響は大きいです。アプリと独自預り金決済は今後と思われます。 既に売り上げの40%を占めているAmazon Marketplace(アマゾンのAWSなどを利用しているアマゾン通販サービスと提携した第3者の通販サイト)を拡大し全面的にAmazon Paymentを拡大します。一取引当たり2.9 percent+30セントの手数料を取ります。パートナープログラムが今回追加されています。

AWS利用の企業など を超えて提供するAmazon Payments Global Partner Programに参加するアマゾン提携先のネット通販サイトで消費者が買い物をして、「Amazon Payment」と指定すればアマゾンに登録してあるクレジットカードで支払われます。既に個別の交渉でネット小売店は Amazon Paymentでの支払いを活用でき、決済業務をアマゾンにアウトソース出来るようになっていましたが、それが拡張されました。 “Login and Pay with Amazon,”なんて感じのメッセージが出そうです。これはソーシャルログインと呼ばれており、アマゾンのアカウントで第三者のネット通販サービスにログインし、そのまま支払いもAmazon Paymentで行うと言ったサービスも可能です。中古の書籍などのアマゾン販売に一定近い感覚でしょうか。(どちらもアマゾンによるプラットフォーム提供)そうなればショップを始めたばかりのサイトもアマゾンの膨大な顧客(2.85億人)を対象に販売できます。アマゾンとしては手数料がとれる、AWSの利用顧客を増やすことが出来るなどのメリットがあります。

 

今回の拡張プログラムではaccount management, planning support, technical resources and trainingなどの通販サイトを支援するソフトウエア企業の育成要素を含んでおり、ソフトウエア企業とアマゾンでAmazon Paymentの参加ECサイトを増やす共同マーケティングも可能になります。アメリカ、ドイツ、英国、日本で実施されている招待制のプログラム( Premier Partner, Certified Partner, and Certified Developer)からスタートし、将来、グローバルに展開されます。これはコペンハーゲンでのMoney 2020 event で発表されています。こうしてPayPal, Visa, Apple Payなどに差をつけます。PayPal同様なサービスOne Touchを提供しています。(利用ショッピングサービス業者は250-500です)

 

アップルも同様の動き(Webサービス)を2016年に実施すると見られています。(Safari browser on models of iPhones and iPads)5-6月のWWDCにおいてApple Pay expansion to mobile websites が発表されホリデーシーズンに実施されそうです。またその際、アップルのカード顧客にアマゾンペイメント型の決済サービスを開放するかもしれません。新しいプログラムでは個々のショッピングサイト運営者に加えて開発者や e-commerce platform providerも参加できると言うのが大きいですね。いずれアマゾンは独自預り金も持つのでしょうか?

online shoppers to authenticate with their Amazon account information on a third-party website, then pay for their purchases with the credit card information they have on file with Amazon

 

『Amazonログイン&ペイメント』とは?

Amazon以外のサイトでお買い物する時に、Amazonアカウントでお支払いができるサービスです。

Amazon以外のサイトでも、Amazonみたいにお買い物しよう。

PCでもスマートフォンでも、Amazonアカウントで支払えるから、手間をかけずにかんたん、安全にお買い物できます。
Amazonアカウントをお持ちなら、面倒な情報入力は不要。登録された配送先情報やクレジットカード情報を利用してお買い物できます。

Amazonログイン&ペイメントのご紹介~ビジネス編~

★★ Apple Pay Coming to Mobile Websites Before Holiday Shopping Season

★★ Amazon takes on PayPal and others with launch of Amazon Payments partner program

★★Amazon Payments Launches Global Partner Program

★★ Amazon Payments’ transaction volume surged in 2015

 

Apple Pay

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930