世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

マスターカードによる英国銀行決済サービスVocaLink買収の意味、フィンテック


英国の規制当局が銀行業界(ロイズ、バークレイ、HSBC,RBS)の決済ネットワークVocaLinkの売却を命令し、マスターターカードがVocaLink(イギリス国内のATM、ダイレクトデビット、そして大手モバイル決済ネットワークを支える一大テック企業)と株式の92.4%を取得しました。これは銀行クリアリングサービスのオープン化を意味します。わかりやすく言えばペイパルやLinePay、WechatPayなどが全銀ネットワークに参加できることを意味します。

ものすごいフィンテックの促進です。決済サービス指令 (PSD2)が展開される2018年までには、 英国の決済市場は大きく変化している可能 があります。

 

 vocalink

<解説>

これはいわばブロガーとマスメディアの記者が台頭に企業などの記者会見、政府発表に参加できるのとおなじですね。おもい切った規制緩和です。

 

Cash savings

Cash savings

<出所 テッククランチ >

MasterCard hopes that the tie-up of the two businesses will continue to encourage the shift away from the use of cash and cheques, while speeding up transactions between customers using MasterCard services. It will also give it a bigger presence in the UK market.

 

The deal was welcomed by the Chancellor, Philip Hammond. “Britain is and continues to be an open and globally facing country in which to do business,” he said.

★★MasterCard Announces Acquisition of VocaLink

★★ MasterCard jumps into UK payments technologies, buys VocaLink for up to $1.14B

★★ MasterCardが11億ドルでVocaLinkを買収、イギリスの決済サービスへ参入

★★MasterCard to acquire payments processor VocaLink in £700m deal

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twtter

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031