世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

モバイルペイメント技術、フィンテック


ビジネスインサイダーがモバイル決済技術をまとめています。先進国のEMV端末はほとんどがNFCチップ決済に対応する方向です。

一方50メートルと電波の範囲が広いブルートウスは、モバイル端末(スマートフォン)をポケットから取り出す必要がないため、主流がNFCチップに移行した後も一部で使われています。日本の折り紙ペイなどがそうですね。

実際、2014年にApple Payが出てからモバイル決済への動きは圧倒的に加速しました。その後Samsung Pay, Chase Pay, Android Pay, Microsoft Wallet, Walmart Pay, and Kohl’s Payなどが出ています。本記事には取り上げられていませんがインターネット型の決済(モバイルポス)も一つの異なるアプローチです。2016年には米国で750億ドルの取り扱い高が、2020年には5030億ドルに跳ね上がる予測です。

 

 

mobile-payments-forecast

<出所 BII  >

★★ Mobile payments technology and contactless payments explained

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930