世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

CES2017、Diller氏広告型テレビの終焉とネットフリックス型テレビの台頭予測


パラマウント映画・20世紀フォックスの会長兼CEOを歴任、フォックス放送創設に携わるなど、メディア界の大物として知られるBarry Diller氏はCES2017でのインタビューで「広告型テレビの終焉とネットフリックス型テレビの台頭」を予言しました。

5-10年でテレビと映画の世界は様変わりする。特にテレビはネットフリックスのような有料ストリーミングサービスが主流になり

広告は消えてなくなる。広告型のテレビを見る人々はお金のない人々であり、それは広告主の意図に反する為、次第にお金が出なくなる。質の良い番組がネットフリックスなどに登場していることも拍車をかける。人々は次第にcommercial free televisionに傾くだろう。

“This is thought to be the best year for content, and most of that content is not on linear television and broadcast networks,” he says. With so much quality programming appearing on subscription-based outlets including Netflix “a lot of people, most people I think, are going to opt for commercial free television.”

That will leave ad-supported TV to cash-strapped audiences.  “You’re going to be advertising to people who can’t afford your goods” which will make free TV “endangered.”

barry-diller-e1483640973548

<出所 http://deadline.com/  >

★★Barry Diller Warns: TV And Movie Studios Face “Profound Dislocation” – CES

★★Why media mogul Barry Diller thinks the Netflix model will win — and change how you watch TV

★★Barry Diller: Advertisers, embrace Netflix world

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 TWITTER

 

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031