世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

未来の代替銀行はアマゾンを希望、フィンテック


アクセンチュアの調査ではグローバルにミレニアル世代の下のY世代やZ世代について18市場、33000人の消費者を調査したところ、代替銀行としてお金をあづけたいのはアマゾンとグーグルがトップで続いてアップルやフェイスブックが来ているそうです。お金をデータ感覚であづけるわけですね。特に米国ではお金=データであり、そうなると音楽や動画と同じGAFAが代替銀行として好まれます。米国の50%が代替銀行を希望しており、トップはアマゾンです。但し、日本はそこまで行ってないですね。

For many consumers—especially Gen Y and Gen Z respondents— Google, Apple, Facebook and Amazon (collectively known as GAFA) are attractive alternatives to traditional financial providers.1 40% of Gen Y respondents would consider banking with Google or Amazon. This is even higher in markets such as the United States, where 50% would be willing to make this switch. 36% of Gen Y respondents would consider buying insurance from an online service provider, such as Google or Amazon. 46% of Gen Y respondents would consider purchasing investment advisory services from an online service provider.

pexels-photo-99541

 

<出所 http://bankinnovation.net/2017/01/millennials-are-ready-for-the-bank-of-amazon/  >

★★ Millennials Are Ready for the Bank of Amazon

★★ アクセンチュア調査

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 TWITTER

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031