世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

広がる電子マネー、マクドナルド、フィンテック


フィンテック法案の影響でクレジットカードや電子マネーが普及を始めています。2017年4月のH2Oグループの電子マネーリッタ採用の次はマクドナルドが電子マネー受付拡大を発表しています。マックの場合にはフィンテック法案+訪日外国人の増加が理由で電子マネー(スイカ、パスモなど交通系)とクレジットカードの受付を2017年7月から行います。従来は電子マネーのiDやWAON、楽天エディで決済できたそうですが、顧客の利便性を高めるため、支払い方法を交通系の電子マネーに拡大します。電子マネーはセブン&アイ・ホールディングスのナナコなどを含め、9種類にまで拡大します。

引用

日本マクドナルドは21日、訪日外国人の増加を見込み、三井住友カードと提携し、7月以降に全国約2900店舗でクレジットカードによる支払いが順次できるようにすると発表した。「スイカ」や「パスモ」など交通系電子マネーの支払いにも対応する

引用終わり

引用 プレスリリース

まず、2017年下半期を目標に利用できる電子マネーを拡大、その後、国内だけでなく海外からのお客様にとっても便利なクレジットカードやNFCによる決済サービスを順次開始する予定です。さまざまな決済サービスを導入することで、お客様のお支払い方法の選択肢が格段に広がり、マクドナルドをより便利かつ快適にご利用いただけます。また、お客様に安心してクレジットカードをご利用いただくために、ICクレジットカードに対応したマルチ決済端末を導入する予定です。

引用終わり

MAC

<出所 マック  >

★★ マック、7月からカード払いOKに 交通系など電子マネーも拡充

★★ ~もっと便利な「店舗体験」を国内や海外からのお客様に~
クレジットカード・電子マネーなど
複数の決済サービスを新たに導入
2017年下半期より順次、全国のマクドナルド店舗(約2,900店舗)にて開始

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930