世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ファミリーマートとLineの提携、AIスピーカー、LinePay、アジア展開、フィンテック


ファミリーマート、LINE、伊藤忠商事による店舗作りの提携です。Lineの視点から見ればWechatの後追いでしょうが、先進国のコンビニであるファミリーマートが載ってきました。店舗にWiFi網を引き、ビーコン(誘導灯)でお客様を誘導する(店内、店の外からも)のは米国流ですが、それにビッグデータとAI分析(クローバ)を加えて支払いもサーバー型電子マネーに対応させ、ECも行います。(LINE独自のAI「クローバ」を中心にコンビニのIT(情報技術)導入)また伊藤忠の役割はアジア展開しているファミリーマートにそのノウハウを移転することにあります。Wechatなどが中国国内で類似の動きをしているのでLineも焦っているようです。

棚によるとクーポンが飛んでくるとかアメリカ流を入れるわけですね。

 

LINE

<出所  ニュースウイーク >

 

★★ テック大手が軒並みスマートスピーカーに参入する理由

★★ ファミマとLINE提携 AI活用、スマホで個別販促

★★ LINEのAIプラットフォーム「Clova」の何がすごいのか解説しよう

 

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031