世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ソニーのアイボなどロボット復活


「人工知能(AI)で先行し、新市場を生み出す米IT(情報技術)大手に、日本が強いメカニクスを軸にして対抗する狙い」と言うことです。これまでのソニーのアプローチは、自社のスマートフォンが米国グーグルのアンドロイドを搭載したのと同じで、アマゾンのエコーのアレクサ(AIソフト)をAIスピーカーなどに搭載していました。しかし今回はアイボ(03年9月までに計13万体を売り上げたが、業績不振に陥った06年に生産を終了)に独自のAIソフトを搭載します。モノ支配論理で戦うソニーですが、スマートフォンとの違いは、ロボットだとメカトロニクス(機械工学)の要素が強いと言う点でしょうか。そうなればモノ支配論理での戦いで中国勢には勝てるかもしれませんが。新しい産業革命の基本はサービス支配論理(ソフトウエア勝負)ですので。Amazonエコーの代わりにアイボに話しかけます。果たしてソニーはAIソフトウエアやビッグデータで戦えるでしょうか?

引用

過去のソニーのスマート・アシスタントに関する取り組みは中途半端なものだった。ソニーはAssistantと名付けたスマート機能を開発しXperia Ear Bluetoothなどのウェアラブル製品に 組み込んだものの欠点が多く、今年の1月のIFAでデモされたHome Podのライバルを目指す製品などでAlexaやGoogle Assistantと連係していた。

引用終わり

 

Sony Corporation Announces The Launch Of The Dog-Shaped Autonomous Robot Called "Aibo" That Can Express Various Emotions And Responsed To External Stimuli Using Artificial Intelligence To Respond May 11, 1999 . The Robot And An "Aibo Performer Kit" Motion Editor Enables Users To Create Original Movements For Their Own Aibo, The First Robot Designed For Home Entertainment Purposes. Sony Said 5,000 Units Will Go On The Market In June At 250,000 Yen ($2,100) Each.  (Photo By Getty Images)

Sony Corporation Announces The Launch Of The Dog-Shaped Autonomous Robot Called “Aibo” That Can Express Various Emotions And Responsed To External Stimuli Using Artificial Intelligence To Respond May 11, 1999 . The Robot And An “Aibo Performer Kit” Motion Editor Enables Users To Create Original Movements For Their Own Aibo, The First Robot Designed For Home Entertainment Purposes. Sony Said 5,000 Units Will Go On The Market In June At 250,000 Yen ($2,100) Each. (Photo By Getty Images)

<出所  テッククランチ  >

★★ Sony is bringing its robot dog Aibo back to compete with Alexa: Report

★★ ソニー、人工知能を搭載したAibo復活へ――Amazon Echo風AIロボット犬になる?

★★ ソニー、家庭用ロボ来春に AIBOの系譜で挑戦再び 

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031