世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

スエーデンのキャッシュレス社会は行きすぎ、フィンテック


各お店や銀行支店がどんどん「現金お断り」の札を立てているスエーデンでは当局が老人やホームレスたちの事を考えればキャッシュレス社会は行きすぎか?」と政府や中央銀行が心配しています。キャッシュレス化に向けて中央銀行が仮想通貨案を含むデジタル通貨を検討中ですが、政府の金融政策のレビューの中間報告が2018年の夏にも出ます。中央銀行はキャッシュレス社会があまりに早く進んでおり、現金社会のインフラが維持できなくなるのではと心配しています。

その結果、Eクローネ(中央銀行発行の仮想通貨)よりも、現金インフラの維持が優先される状況、(その結果、デジタルクローネに対する反対も強い)があります。中央銀行総裁が支店やお店に現金利用を義務付けろと言い出している程です。Eクローネも現金の置き換えではなく、現金を前提としたキャッシュレス社会の補完として何が可能かどうかが検討のポイントです。

the pace at which cash is vanishing has authorities worried. A broad review of central bank legislation that’s under way is now taking a special look at the situation, with an interim report due as early as the summer.

An annual survey by Insight Intelligence released last month found that only 25 percent of Swedes paid in cash at least once a week in 2017, down from 63 percent just four years ago. A full 36 percent never use cash, or just pay with it once or twice a year.

In response, the central bank is considering whether there’s a need for an official form of digital currency, an e-krona. A final proposal isn’t expected until late next year, but the idea is that the e-krona would work as a complement to cash, not replace it completely.

Riksbank Governor Stefan Ingves has said Sweden should consider forcing banks to provide cash to customers. In its annual report on Monday, the Riksbank said the question is what role it should play in a future with even fewer cash payments.

 

<出所  >

★★ ‘No Cash’ Signs Everywhere Has Sweden Worried It’s Gone Too Far

★★ Sweden’s Mission to Go Cashless May Have Gone Too Far

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

 

 

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031