世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

MUFGコイン、Jコインは改正資金決済法をクリアーできるか、フィンテック


ネムの流出問題やビットコインのバブル崩壊で仮想通貨決済業が金融庁に搾り上げられています。そうした中、当然、都銀が準備しているMUFGコイン、Jコインにも厳しい視線が注がれています。NRI木内都英さんのブログは流石ですね。これは私も気が付いていましたが、円との交換比率を一対一に固定しているMUFGコイン、Jコイン(Jコインはブロックチェーンを使わない)を金融庁が仮想通貨と見做すかどうかが勝負所でした。どうやら金融庁は円との交換比率を一対一に固定しているMUFGコイン、Jコインは仮想通貨と認めないと判断したようです。そうなれば運営会社は前払い式支払い手段の登録と為替取引の登録を同時に行っても一回の送金には100万円の上限が付きます。デジタル通貨としてはこれを避けたいところです。ではどうやって避けるのでしょうか。

そこで三菱UFJはMUFGコインの運営会社の銀行免許を取得するか、100万円の上限を持った運営会社(MUFGコイン=仮想通貨ではなく実質前払い式支払い手段)のままで行くか考えました。銀行免許をとれば明らかに金融庁からは仮想通貨ではなく「銀行サービスそのもの」=送金もできる実質スマートフォン版デビットカードとみなされます。しかし銀行免許の取得には時間がかかります。そこで三菱UFJはMUFGコインの運営会社に仮想通貨交換所の登録申請をする腹を固めたようです。そうなればアジャスタブルペッグに近い運用(1円=360円固定時代の円をドルとの一定のバンドの幅に収める運用)を行う事になります。凄いことになってきました。三菱東京UFJ銀行単独の枠組みのMUFGコインはそれでいいでしょう。一方みずほファイナンシャルグループに加えて、ゆうちょ銀行、数十の地銀が参加することが見込まれているJコインはどうするのでしょう。

 

★★ MUFGコイン、Jコインに100万円の壁

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031