世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

みずほ銀行と東邦銀行の福島県でJコイン実証実験、フィンテック


みずほフィナンシャルグループと福島県に本社を置く東邦銀行は3月15日、キャッシュレス社会の実現性を検証するため福島県の協力を得て実証実験を行うと発表しています。これまで仮想通貨と呼んでいたJコインと言う名称は前面に出していませんが、みずほ銀行と東邦銀行の口座保有者が対象で、スマートフォンに専用アプリを取り込んで口座からスマホアプリに入金することで個人間の決済ができます。店頭ではQRコードを読み込むことで支払いができます。実験は2018年6ー7月をめどに富岡町周辺から開始し順次拡大します。4月にはみずほの口座保有者を対象に福島第一原発施設内の店舗でも利用できるようになっていました。

<解説>

今までさんざん民間銀行が発行する仮想通貨とかブロックチェーンと騒がれてきましたが、三菱UFJのMUFGコインもみずほFGのJコインも消費者から見て電子マネーと何も変わりません。ブロックチェーンを使うMUFGコインはオープンループ、一方使わないJコインはクローズトループのようです。(Jコインがアリペイと同じサーバー型電子マネーであればオープンループです。)共に実験段階では消費者へのわかりやすさの為か仮想通貨と言う宣伝文句は抑えています。伝統電子マネーのスイカはクローズトループです。もともとスインドンなどの電子マネー実験では、国内の実験では銀行ATMからお金をICカードにダウンロードしていましたから、それに戻っただけですね。一方で三菱UFJはクラウドワークスと組んでプレペイドカードタイプのサーバー型電子マネーに出ます。

いずれにしても実体は電子マネーですが、日本のメガバンクは何故世界で主流のスマートフォン版デビットカード(携帯電話番号送金機能付き)を本気で実施しないのでしょうか?スエーデンではキャッシュレス社会実現の為、取り残された人々用にバリューベースのEクローナを発行する計画が中央銀行で進んでいます。バリューベース案はオープンループですが、ブロックチェーンではありません。250ユーロ以下の少額決済や送金であれば、面倒なブロックチェーン認証は不要と言う判断のようです。

引用 jコインがアリペイと同じ仕組みと言う説が正しければ以下のようになります。

Jコイン口座から、個人が持っているJコイン口座や、加盟店のJコイン口座に対してデジタルマネーであるJコインを送付することができます。

Jコイン口座間の入出金は全て電子上の取引のため、手数料は従来よりも格段に抑えることが可能で、決済時間も一瞬です。

Jコイン口座に着金したお金はいつでもリアルの銀行口座に振り替えて現金として出金することが可能です。

つまり、

・リアルの銀行口座A,B,C、、、に対して、電子上の口座A‘,B’,C’、、、を作成する。

・口座A‘、口座B’などのJコイン口座間にはデジタル決済空間があり、その中においてはマネーを一瞬で動かせる。

・現金とJコインは対応する口座内(AとA’、BとB’といった具合)でいつでも同じ単位数で交換できる。

という仕組みになります。

 

・・・・・

Jコインはその発想のほとんどをアリペイから得ており、実際にみずほの方も「完全に後追いであり、正直に言ってしまえばパクリのようなものです」ということを語っていました。

引用終わり

 

引用

利用者はエスクロ・サービスが提供される銀行に通常の口座を持ち、さらに同じ銀行に「Jコイン」専用口座を持つと考えられる。そして利用者は、常に通常の口座から「Jコイン」専用口座に送金をして、決済用の資金を補充しておくのである。その面では、プリペイド方式の電子マネーと似ている。

引用終わり

 

<出所 https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-03-15/P5KV6Y6S972C01 >

★★ みずほFG:キャッシュレス目指す実証実験開始へ-福島で東邦銀と

★★ みずほ銀行が明かした「Jコイン」の秘策とは?アリペイとの競合は?

★★ 「Jコイン」構想とは何か?

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2018年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031