世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

米国フェイスブック離れの現状


有名な Reuters の調査では、フェイスブック離れが米国で進んでいます。2017年に比べて全体で9%、若者層は20%も利用率がダウンしました。主にフェイクニュースが影響しているようです。

messaging apps へのシフトは昔から言われていましたが、今回は広告の無い WhatsAppなどにシフトしています。もっとプライベートな使い方がしたいと言う事のようです。またSnapchat もEurope and the United Stateでは盛んになっています。

<出所http://www.businessinsider.com/r-facebook-used-less-for-news-as-youngsters-turn-to-whatsapp-reuters-institute-2018-6  >

★★ Young people are ditching Facebook for news and using WhatsApp instead

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930