世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

アリペイより先にペイパルが銀行提携、フィンテック


サーバー型電子マネーのペイパルがアリペイより一足先に国内の銀行と提携しました。ペイパルは6月25日、従来のクレジットカードでの支払いに加えて、新たに銀行口座からもペイパルの利用が可能になる新機能を発表しました。メガバンクを全て押さえています。次は地銀ですね。アリペイも間違いなく上陸するでしょう。そうなればLinePayも更に銀行提携戦略を加速します。

・みずほ銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行
・ゆうちょ銀行

 

シェアリングエコノミーやEコマースの拡大で、企業から個人へ支払う機会が増えていることが背景にあり、個人ユーザーはペイパル口座で1回あたり10万円までの受け取りが可能になります。また、対応銀行口座とオンライン連携で本人確認することで、1回あたり100万円までの受け取りや、銀行口座への引き出しが可能になります。尚、個人間送金は為替取引業者への登録後、実施でしょうか。

引用

個人ユーザーはペイパル口座で簡単に1回あたり10万円までの支払いの受け取りができ、対応する銀行口座オンライン連携することで本人確認し、1回あたり100万円までの支払いの受け取りや銀行口座への引き出しが可能。

企業は個人ユーザーのペイパル口座と金額を指定するだけで簡単に支払いができる。また国内外にリアルタイムで支払えるうえ、API連携による手続きの自動化などでコスト削減になるという。

現在日本では個人間の送金に対応しておらず、銀行でへの引き出しは円のみ。対応通貨は22通貨。

また、今回の発表により以下のパートナー、マーチャントのサービスが利用可能になった。6月25日現在の対応企業は以下のとおり。

引用終わり

★★ PayPalがクレジットカードがなくても利用可能に!

★★ ペイパル、クレカ不要に。銀行口座から決済できる新サービス

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031