世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

三菱電機、ファナック、DMG森精機のIoT統合、フィンテク


三菱電機、ファナック、DMG森精機の3社は、あらゆるモノがネットにつながるIoTで工場データを収集し、ビッグデータ分析を行い、効率化を進めています。その際、クラウドを利用する場合もあれば、エッジコンピューティングのファナックのようにクラウドを利用しない形態(M2M主体)もあります。ファナックの「フィールドシステム」や三菱電機などが主導する「エッジクロス」、DMG森精機の「アダモス」を統合する=一種の標準化が肝ですね。経済産業省が補助金で支援し、3社のシステム間で相互乗り入れの仕組みをつくります。その際のポイントの一つがブロックチェーンの利用です。製造業向けのIoT基盤はクラウドをベースとする独のシーメンスや米国ゼネラル・エレクトリック(GE)が世界的に先行しています。

<出処 http://monoist.atmarkit.co.jp/mn/articles/1710/04/news028.html  >

★★ 工場IoT、相互乗り入れ 三菱電機やファナック、DMG森精機 生産データ活用で主導権 

★★ 現場志向のIoT基盤「FIELD system」が運用開始、稼働監視などを年間100万円で

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031