世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

KDDIがパーソルパ・リーグTVVR開始、ソーシャルTV


KDDIとグループ会社のスーパーシップは2018年7月25日、プロ野球パ・リーグの試合を3次元映像化して配信するサービス「パーソル パ・リーグTV VR」を27日から始めると発表しています。XRstadiumの一環です。

7月27日以降のパ・リーグ公式戦の中から30試合以上をライブ配信し、見逃し配信も実施するそうです。1試合ごとに購入する方式で、視聴料金は7月27〜29日の北海道日本ハム対オリックスは各500円です。

各デバイスごとに用意されているアプリ(無料)を、Oculus GoやGear VRの各ストア、Google Playから端末にダウンロード後、観戦したい試合をXRstadiumのサイト上で購入すします。近日中にMirage SoloとDaydream Viewにも順次対応する予定だそうです。(カメラを設置する球場は、札幌ドーム、メットライフドーム、ZOZOマリンスタジアム、京セラドーム大阪、楽天生命パーク宮城の5つ。)

カメラを5か所においてバックネット裏やセンターバックスクリーンなど、5つの視点で映像を楽しめるのが特徴です。いよいよ没入型視聴の時代でしょうか?

パ・リーグ6球団の共同事業会社が撮影した中継映像をスーパーシップの仮想現実(VR)技術で3次元化し、インターネットで配信します。利用者はVRゴーグルを着用して視聴します。視聴料は1試合500円だそうです。

5G通信の時代が始まりますが、5Gでスポーツ観戦を、もう一歩進化させたいと言っています。

メッセージサービス機能(SNS機能)も充実しており、ソーシャルテレビを楽しめます。アプリには、アバターを表示したりボイスチャットするコミュニケーション機能を備えており、友人を最大2人まで招待して、そのアバターと一緒に試合映像を見たり応援できます(アバターのカスタマイズは現時点では不可)。また、同じ配信を観ている不特定多数の人とのテキストチャットも楽しめます。

今後は、2019年にワールドカップが行なわれるラグビーなどのプロスポーツのほか、高校野球も視野に入れるそうです。

<出処 https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1134810.html  >

★★ Oculus GoやGear VRで楽しむパ・リーグVR配信。家でもチャットで“一緒に観戦”

★★ KDDI、VRで野球観戦サービス 5つの視点で映像配信

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031