世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

Jコイン実験北九州の巻、メタップス、みずほ、地銀連合、フィンテック


Jコイン実験ですが、みずほフィナンシャルグループ(みずほFG)、みずほ銀行、北九州銀行、西日本シティ銀行、福岡銀行は8月20日、9月1日からキャッシュレス決済促進に関する構想の実現性を検証するための実証実験を、北九州市で開始すると発表しています。福島に続いてメタップスのウオレットアプリ、プリンを使います。キャッシュレス構想では、統一規格のQRコード決済を促進することにより、日本におけるキャッシュレス社会を2020年までに進展させます。

メタップスのプリンアプリは0.95%の決済手数料でサービスを開始するとみられています。LINE Payも決済手数料を期間限定で無料にすることを発表しています。アリペイの日本上陸もまじかですし、面白くなってきました。

北九州市では、JR小倉駅の周辺の約50店舗や大型商業施設、北九州空港内の土産物店、第一交通のタクシー約80台でアプリ決済が可能になり、検証の規模が大幅に拡大されます。PRINGはみずほ、三井住友銀行とも組んでおり、仮想通貨MUFGコインを推奨する三菱UFJとは組んでいません。

 

PRING

引用

ウォレットアプリを通じたQRコード決済事業を手がけるメタップスのグループ会社「pring(プリン)」は8月20日、キャッシュレス決済の導入促進につなげるための実証実験を、北九州市で始めると発表した。9月1日から12月末まで、業務提携先のみずほ銀行や地元金融機関と協力して実施する。

引用終わり

 

 

 

 

 

<出所 プレスリリース >

★★ メタップス、QRコード決済手数料「0.95%」業界最安値の衝撃 —— キャッシュレス化の起爆剤になるか

★★ メタップス、北九州でQRコード決済の実証実験を開始 —— 過熱する「九州キャッシュレス化」競争

★★ みずほ銀行らがキャッシュレス決済の実証実験 スマホアプリでQRコード読み取り

★★ 仮想通貨「Jコイン」の特徴・メリット・デメリットとは?

★★ メタップスのウォレットアプリpring(プリン):みずほFGのデジタル通貨「Jコイン」で導入か

★★ キャッシュレス構想の実現に向けた福島における実証実験実施の合意について 

★★ 北九州市でキャッシュレス決済の実証実験(みずほFG/みずほ銀行/北九州銀行/西日本シティ銀行/福岡銀行)

★★ みずほFGなど5行が北九州市でキャッシュレス決済の実証実験

★★ QR決済「pring」、北九州市でキャッシュレスの実証実験–みずほ銀行などと共同

★★ 「Jコイン」構想とは何か?

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930