世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

PAYPAYはソフトバンク、ヤフー、PAYTMの連携、フィンテック


ソフトバンクとYahoo!ウォレットの顧客基盤を活用し利用者を拡大します。ユーザーが読み取る方式は加盟店の決済手数料が3年間無料にします。ソフトバンク株式会社(以下、ソフトバンク)とヤフー株式会社(以下、ヤフー)の合弁会社であるPayPay(ペイペイ)株式会社は、バーコードやQRコードを使って決済ができる新たなスマホ決済サービス「PayPay」の提供を2018年秋から開始します。

政府がキャッシュレス決済比率を2025年までに40%、将来的に世界最高水準の80%にすることを目指してキャッシュレス化を推進する方針です。2018年6月に合弁でPayPay株式会社を設立し※2、今秋から「PayPay」を提供します。なお、このたび連携するPaytmは、インドでデジタル決済のエコシステムをリードし、バーコードやQRコードベースのテクノロジーを開発しています。

PayPayは「PayPay」専用アプリ、または「Yahoo! JAPAN」アプリから利用できます。

キャッシュレス・ビジョン

★★ ソフトバンクとヤフーの合弁会社が、インドのPaytmと連携し、バーコードを使った新たなスマホ決済サービス「PayPay」を今秋提供開始

 

日本ナレッジマネジメント学会 副理事長 山崎秀夫

関連記事

2019年6月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930