世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

auPayが一挙に優位、楽天の店舗基盤利用、フィンテック


auPayが楽天の店舗基盤=楽天Payの決済基盤を使いますから、サーバー型電子マネーのQRコード化=キャッシュレス化では俄然、優位に立ちます。

KDDIは、19年4月からスマホ決済の新サービス「auペイ」を始める計画です。今回の提携で楽天が契約している全国120万の店舗などを対象に「auペイ」サービスの早期普及を目指します。詳細は分かりませんが楽天Payのアプリに auPayを載せるのでしょう。楽天ペイはクレジットカード中心であり、サーバー型電子マネーの楽天キャッシュはほとんど対象になっていませんから、サーバー型電子マネーのauペイと組む余地は十分あります。KDDIは、携帯電話の契約件数が約5300万件で業界第2位であり。楽天はネット通販サイトなどに約9870万人(累計登録ベース)の会員を持ちます。

引用

【決済サービス分野における提携】

楽天はクレジットカードや電子マネーをはじめ、さまざまな決済手段を提供しており、現在、注目を集めているQRコード決済サービス分野でも「楽天ペイ(アプリ決済)」において対応しており、国内利用者数No.1のサービスとなっています。一方、KDDIも発行枚数2420万枚の「au WALLET」や「auかんたん決済」などのサービスを通じて決済領域の強化を進めており、新たにバーコードやQRコードを使った新たなスマホ決済サービス「au PAY」を2019年4月より順次開始します。このau Payでは、楽天ペイをはじめとした決済プラットフォームと加盟店網が提供され、楽天グループが直接契約している全国約120万箇所の加盟店などを活かしたスマホ決済サービスを予定しています。
これにより、両グループでは各種決済サービスの相互利用を促進した「キャッシュレス社会の実現」と消費者の利便性向上を進めていくとしています。

引用終わり

02

<出所  >

☆★ KDDIと楽天 提携  スマホ決済や通信網 サービスが主戦場に 

☆★ KDDIと楽天が提携!楽天のMNO参入はauとローミングし、楽天ペイを利用した決済サービス「au Pay」を2019年4月より順次提供開始

山崎秀夫

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829