世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

トヨタ、ホンダ、マツダが欧州でEVを販売へ


英国やフランスに続いてスペインも2040年までにガソリン車、ディーゼル車、ハイブリッド車を禁止すると発表しています。ハイブリッド車を得意とする日本勢には痛手ですが、EVに切り替える動きが出てきています。

HVを中心とする電動化を進める日本車メーカーが方針転換を迫られています。トヨタ、ホンダ、マツダなどが相次いでEVを販売します。

仕方がないので日本車メーカーはEVで積極姿勢をアピールし始めています。トヨタは20年にも、レクサスブランドで小型の多目的スポーツ車(SUV)「UX」ベースの電気自動車(EV)を欧州で発売する計画です。ホンダは19年に欧州で小型の量産EVの発売を予定し、マツダも20年に日米欧向けにEVを投入する計画です。2020年に高級車ブランド「レクサス」の電気自動車(EV)の生産を始める方針を固めています。中国を皮切りに欧州にも輸出する計画です。

 

引用

2017年9月にホンダより発表され、以降フランクフルトモーターショー2017や東京モーターショー2017にて披露されたホンダのアーバンEVコンセプト。

このアーバンEVコンセプトとは、2019年に市販するホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。

新開発のプラットフォームをベースにし、将来のホンダの市販EVの技術と設計を盛り込んだ一台になっています。

ホンダは、2025年をめどに欧州四輪商品ラインアップにおける販売数の3分の2を電動化車両に置き換えるという目標達成に向け、電動化を推進しています。

そして、アーバンEVコンセプトは、将来の量産EVモデルの方向性を示すものとして位置づけられています。

引用終わり

 

<出所 https://clicccar.com/2018/09/29/634022/>

☆★ 日本勢、欧でEVアピール HV禁止、スペインも方針 

☆★ マツダ、2020年に独自開発の電気自動車を導入

☆★ 2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

山崎秀夫

関連記事

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31