世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

米国のCIAとNSAがSNSに参加を始めた謎


有名な諜報組織のCIAは既にファースブックにページを持ってリクルート活動を始めています。3000人弱の学生がCIAの知り合いの輪に入っています。でもそれだけには留まりそうもありません。セキュリティ担当のNSAはマネー洗浄の情報やテロリストの活動を抑える為にSNSの活動を始めているそうです。その為にSNSのプロフィールや人脈などのデータを欲しがっているそうです。
怖いですねえ。
関連記事は以下の通りです。
CIA uses Facebook, NSA wants social networking data
引用

The CIA has a Facebook page. It invites students to apply for the National Clandestine Service. It has 2,844 friends. Is this interesting? Not really; the Agency is a well-known college recruiter

引用終わり
おっかないのはここからです。
引用

The ARDA project that helped to fund the research was called “An Ontological Approach to Financial Analysis & Monitoring.” The goal seems to have been to use this sort of social-networking technology to keep money from flowing into the hands of terror groups, mobsters, and other unsavory characters who need to launder their cash. The paper notes that this is made more difficult by a lack of social-networking data from which to work, but the authors suggest that publicly-available networking sites like LinkedIn, Facebook, MySpace, and Friendster could help to supply that information.

引用終わり
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829