世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

仮想社会サービスとSNSの一体化は進む


 セカンドライフでアメリカ人女性に「SNS」と言ったら「SNS WHAT?」と聞き返されて・・・「いけない、SNSなんて表現は和製英語だった・・。」とショックを受けている筆者の今日この頃ですが。
 仮想社会サービスとSNSの一体化は、どんどん進んでいます。
良く考えたら仕組みの起源が異なるだけで、ソーシャルネットワークと言う観点からは同じですから、コンバージェンスは当然ですよね。
 仮想社会サービスの弱点補強のため、安心できる仮想街作りの為・・SNSとの一体化が進んでいます。
 今回は話題のフェースブックが対象です。
 記事は以下の通り。
 ▼More convergence. Active Worlds and Facebook
 http://www.kzero.co.uk/blog/?p=1467#more-1467
 有名なSNSフェースブックの上で仮想空間が作れるようになるらしいです。
 凄くないですか?? まあ、グーグルも自社SNSのORKUTを例のグーグル・ソーシャルで・・・「ORKUT SANDOBOX」とセカンドライフ用語で呼んでましたから・・・。
  引用

 In another demonstration of convergence taking place in the metaverse space, virtual world platform Active Worlds recently announced an integration tool with Facebook.
The ‘Active Worlds 3D Avatar and World Explorer’ allows developers to build virtual environment applications on the Facebook website (in the browser).
Commenting on the news, JP McCormick, Active Worlds Chairman said,
“Since our Active Worlds technology continues to be standards driven, we feel this release sets a new milestone on 3D Internet implementation. The push is on for interoperability and a set of standards which will drive Virtual World technology into the future. We believe that many of these already exist. By continuing to enhance our already standards driven application we greatly increase our value to e- commerce, education, entertainment, and social networking sites, as well as our core business with Fortune 500 companies.”

 引用終わり
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫

関連記事

2020年5月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031