世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

ソーシャルネットワークをめぐる10の理論 – 橋本大也氏


http://journal.mycom.co.jp/articles/2008/11/18/knoledge/
抜粋
スタンフォード大学の社会学者マーク・グラノヴェッターが提唱する理論で、「私たちは普段から高頻度で接し信頼しあう強い関係を結ぶことが人脈力だと思いがちだが、現実の人間関係において重要な社会資本を生み出しているのは、社外や遠方でときどき会うような人たちとの弱い関係の方だ」というもの。ここから、橋本氏は、ITソーシャルネットワークを積極的に活用し、弱い紐帯の維持と活性化をはかる手段として、インスタント・メッセンジャーがあるとした。
抜粋終わり
弱いネットワークは、自分のコミュニケーション範囲を著しく拡大する点でとても重要である。それゆえ、普段のつながりでは考えられないビジネスチャンスも生じてくる。SNSの一つの特徴は、今まで全くつながりがなかった者同士をつなげるマッチング機能である。これは、先述の弱いネットワークの構築に該当する。つまり、SNSの利用にあたってはこの弱いネットワークを意識することが一つの重要な事柄であり、それによってビジネスチャンスを生み出す可能性がぐんと高まるのである。

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930