世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> 書籍紹介ビジネス編「Ustreamと超テレビの時代 ~ユーザーライブ中継の威力~ (単行本(ソフトカバー))」


ustream2885B.gif
  USTREAMに関しては欧米ではソーシャルテレビやアンドロイドテレビが属するコネクトテレビのカテゴリーで世界的に議論されています。USTREAM現象はその一部の話です。
 ソフトバンクからUstreamに関する高度なマニュアルとも言うべき新書がでています。実践編はそちらに任せるとして、筆者の書いた本書はソーシャルテレビのビジネス編です。
 Ustream、ニコニコ生放送、スティカム、海外のLivestreamTV、JustinTV、メディアフレンズ、スプラッシュキャスト、CBS,ABC、NBC、英国BBCの動向など多岐に渡っています。
 Huluによる見逃し放送への適用、Xboxライブや欧州のHbbTVなどアンドロイドテレビを支えるコネクトテレビでもソーシャル視聴が議論されており、それもカバーしています。
 ライブ放送に対するYouTubeの戦略も研究して載せています。
 マーケティングではスターバックスやハンバーグチェーンのカールスJR、インテル、オラクル、ペプシコーラやバドワイザーなどの事例を合計で30程、載せています。日本の日本テレビの事例やNHKの構想も乗せました。マイクロファイナンスに優れた韓国のアフリカテレビ(韓国版ニコニコ生放送)も載せてます。(米国での活用法は多彩です。)
 社会貢献マーケティングや仮想商品、仮想グッズとの組み合わせ事例なども載せています。 
 見逃し放送だけではなくSNSの「べボ」におけるSNS参加者による自主ドラマの製作と上演の事例も面白いです。これはクトウルフ神話の発想ですね。(世界観を引き継いでSNS参加者が自主ドラマの物語を提案する事例)これは英国のソーシャルテレビフォーラムの目玉でした。
メディアの歴史的転換点から新しい市民社会が構築され、新しいライフスタイルが提案されていると言う社会変革視点では、ソーシャルテレビを活用した音楽家の事例やハード技術者の事例者っています。
 USTREAMのようなパブリック方式だけではなく、マイクロコミュニティ方式やボイスチャット方式、アバター方式など多彩な方式も説明しています。
 アンドロイドテレビにつながる話では、実はXBOXライブと英国のスカイテレビの事例、欧州のHBBTVやべライゾンの事例が参考になります。
 ちょっと高いかなと思いますが、ビジネス編やマーケティングに興味がおありならば是非、ご一読ください。

インターネットライブ中継サービスの進撃!
オバマ政権や、民主党の「事業仕分け」における積極活用で注目を浴びるインターネットライブ中継。
個人や企業が、次々に自主的かつ画期的な放送をはじめた!
最先端ソーシャルテレビを徹底解説。
2010 年のトレンドとなりつつあるUstream。米国をはじめとして日本でも、政財界や芸能界、企業、個人に至るまで、このインターネットライブ中継サービスはありとあらゆる方面で利用され始めました。本書では「ソーシャルテレビ」という言葉でこれらのサービスを定義し、ツイッターやフェースブックと連携して発展し続ける各サービスが、社会にどのような影響を与え、将来どこへ向かうのかを詳しく解説

★★ Ustreamと超テレビの時代 ~ユーザーライブ中継の威力~ (単行本(ソフトカバー))
  http://www.amazon.co.jp/Ustream%E3%81%A8%E8%B6%85%E3%83%86%E3%83%AC%E3%83%93%E3%81%AE%E6%99%82%E4%BB%A3-~%E3%83%A6%E3%83%BC%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E4%B8%AD%E7%B6%99%E3%81%AE%E5%A8%81%E5%8A%9B~-%E5%B1%B1%E5%B4%8E-%E7%A7%80%E5%A4%AB/dp/4844328859
 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年8月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031