世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<3D> 3DTVはカラーテレビ登場と異なり、当面ニッチ市場


 ビデオネットの記事ですが、3Dテレビはテークオフする時期を迎えているが、めがね問題などが解決しない限り、当面ニッチ市場にとどまる。カラーテレビの登場と同様に考えるのは間違いと述べています。(調査企業、Informa Telecoms & Mediaの分析結果)
 問題は●「めがねがいる」 更に「コンテンツが無い」「テレビが高い」と言うことです。
 しかし2015年には世界53カ国で22百万人が3Dテレビを見ていると思われるそうです。ただしこれはテレビ人口の1.6%にしか相当しません。やはりめがねが普及の一番の阻害要因ということです。
 2010年には以下のような3Dテレビの販売予測が出ています。
 サムソン    2.6百万台
 ソニー      2.5百万台
 パナソニック    百万台
 LG(韓国)    95万台
★★ 3D will prosper – but as a niche product
  http://www.v-net.tv/NewsDisplay.aspx?id=431

Informa Telecoms & Media is predicting that 22.2 million homes across 53 countries will be watching 3D programming by the end of 2015. That represents 1.6 per cent of world television households. “We believe 3DTV will take off but viewing will be limited until technology has progressed sufficiently to remove the need for viewers to wear glasses, which is going to be beyond the forecast period,” Murray noted during a recent webinar

Ted Hall, Senior Research Analyst at Informa Telecoms & Media, offered shipment figures from major 3D television set makers. These are: Samsung, 2.6 million sets in 2010; Sony, 2.5 million sets in the year to March 2011; Panasonic, 1 million sets in 2010; and LG, 950,000 sets in 2010.

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031