世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルメディアマーケティング> 公式テレビスポンサーでないナイキとペプシのハイジャック・マーケティングは大成功!!


 FIFAワールドカップの公式スポンサーにならないでインターネット上で勝手マーケティングを実施して大成功した会社が二つあります。
 ひとつ前のブログでご紹介したナイキとペプシコーラがそれです。各社YouTubeのビデオクリップ上でテレビCMに負けない視聴者数を上げています。
 テレビに広告費を投下しないでインターネットに投下すると言う勝手マーケティングを実施した訳ですね。
 ハイジャックマーケティングと言うんだそうです。
ワールドカップのオフィシャルスポンサーであるライバルのコカコーラやアディダスを上回る視聴数をあげてますよね。
 この手のイベントマーケティングはソーシャルテレビのustreamも力を入れてますね。
 その成功要因は以下の点です。
 1、Enter the web…  インターネット中心の展開
 2、Start early     出来るだけ早く始める
 3、Spend early    さっさとお金を投資する
 4、Be clear      明確な物語、メッセージを伝える
 5、Wow factor     おおすげーと言わせる要素を盛り込む。
              所謂ウッフィー要素ですね。
 6、Target an audience  視聴者のターゲットを明確に絞る。
              特に口コミを流してくれるエバンジェリストグループを絞る。
 ★★How Nike and Pepsi Hijacked the World Cup
  http://adage.com/digitalnext/post?article_id=144378

The world’s greatest sporting spectacle, the World Cup, begins today. Quick: do you know who the “official” sponsors are? You might think from the prevalence of its “Write the Future” campaign on the web and in pop culture, that Nike is an official World Cup sponsor. It’s not. Nor is Pepsi, whose “Oh Africa” has been racking up millions of views on the web since May. Rather, the official sponsors are Adidas and Coke — and both have also produced compelling online videos in association with their campaigns.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031