世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<sns> 米国で15歳から35歳が減り始めたフェースブックへの疑問!!?


 インサイドフェースブックによれば、5億人はすばらしいことですが、米国では18-35歳のゾーンで参加者数が減少し始めています。この層は広告のターゲット上最も狙うべき層です。これは色々なところで話題に出ています。
 一方45歳以上と子供達の参加は増えています。
 既にフェースブックはクールじゃないって事のようです。
 <解説>
  5億人の参加者を得て大騒ぎのフェースブックですが、既に米国の中心層に飽きが来ているようです。社交は常に新しい娯楽を求めると言うのは日本でも百貨店の祭事が示すとおりです。この点は日本のミクシィが既に同じ傾向にはいっています。そして国内のツイッターもワンパタンのつぶやき=「なう」では何れ飽きられると思います。
 US-Facebook-Audience-Growth-Last-31-Days-7.1.10.jpg
  <引用:http://industrypace.com/frontpage/2010/7/22/facebook-losing-key-demographic-of-18-35-year-olds.html>
 ★★ Facebook losing key demographic of 18-35 year-olds.
 http://industrypace.com/frontpage/2010/7/22/facebook-losing-key-demographic-of-18-35-year-olds.html

According to InsideFacebook, in a graph released, there is a disturbing trend of facebook starting to have a negative growth in the key demographic of 18-35 year-olds. This is something very interesting, and more importantly should disturb Facebook executives enormously
.

n advertising, the 18-35 demographic is important for a variety of reasons, and online is even more important.
First of all, the 18-35 demographic tends to be early adopters
.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829