世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルゲーム>[jp]モバゲータウンのオープンゲームの囲い込みが始まった!


 事実とすれば面白いですね。日本の場合オープンパブリックは言葉の上だけみたいです。SAP各社に対して口頭個別指導だそうですが、役所の行政指導みたいですね。

 
モバゲータウンを運営するディー・エヌ・エーは、7月下旬から8月上旬にかけてソーシャルゲームのプロバイダー(一般にはソーシャルアプリケーションプロバイダーでSAPと呼ぶ。以下SAP)などに対して、競合するGREEにソーシャルゲームを今後提供した場合には、モバゲータウンで提供するゲームにトラフィックを流さないと複数社に通達した。ただ、GREE以外のmixiなどにはゲームを提供してもいいのだという。
これはソーシャルゲームプロバイダー各社に対して一斉に通達したものでなければ、規約の改定でもない。一社一社個別に説明したものだ(ディー・エヌ・エー側はこの件について明らかにしていない)。もちろん、このような説明をされていない会社もあれば、まったく条件の異なる会社もあるだろう。ただ、TechCrunch Japanで取材した十数社は異口同音に上記のような説明を受けたという。たぶん、それ以上の会社に同様の説明はあったようだ。

  <解説>
  グリーとDeNAは日本経済が不況の中にあって唯一大幅に伸びている会社です。そして中途採用支度金合戦、著作権の訴訟合戦、そして事実ならばSAP囲い込みとお互いにぶつかっているわけですが。 
アメリカでiPhoneにアップスを開発して提供している会社がアンドロイドから拒絶されたらどうなるか?筆者は独占禁止法違反=競争阻害要因とみなされる可能性が高いと思いますが。 いかがでしょう?
 ★★ [jp]モバゲータウンのオープンゲームの囲い込みが始まった!
   http://jp.techcrunch.com/archives/jp20100820mobage-town-open-games-matter/
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年4月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930