世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> グーグルテレビが何故成功するのか(フォレスターリサーチ)!!?


 フォレスターのコネクトテレビ担当アナリストのJames McQuivey 氏のレポートを紹介するのを忘れていました。2010年6月のものです。
 結構、根本的な問いかけなので紹介します。
 1、グーグルがコネクトテレビに出た訳
  グーグルにとって年間270億ドル稼ぐインターネット広告ビジネスの成功($27 billion a year)は大き過ぎ、逆にこれがビジネスモデルの変化への重荷になっている。ややもすれば安住しかねない。その結果、グーグルのサイドビジネスは稼いでいるものが無い。
そこでグーグルテレビのような大きな領域に出て年間700億ドルのテレビ広告市場を狙ったわけだ。(そのくらいしないとグーグルのインターネット環境から来る変化体質を維持できない。)
 グーグルは700億ドルのテレビ広告市場、同額の有料テレビ市場、そして250億ドルの消費者家電市場を狙ったのだろう。人々が1日4.5時間見るテレビの世界をインターネットに一体化するのは魅力的だ。
 グーグルは本気でデジタルテレビをインターネットに飲み込もうとしている。
 2、インターネットテレビの失敗の歴史
  これまでのWebTV、インタ-ネットテレビはどれも上手くいっていない。大きな成功を収めていない。( Roku, VUDU, Boxee, or even Apple TV)アプルテレビ(前のバージョン)だってそうだ。
 3、とグーグルテレビの成功予測の理由
  しかし以下の理由でグーグルテレビは異なる。
   タイミングが今まさにぴったり=天の時を得ている。
  ★ これまでの試みよりずっと野心的だ!!
  ★ 米国家庭の3分の2にブロードバンドが浸透している。
  ★ 米国家庭の3分の1にホームネットワークが浸透している。
  ★ 電子書籍販売書店にあたるYouTube, Hulu, and Netflixなどの充実
  ★ 既に1000万世帯がパソコンとテレビを接続している実態がある。
  ★ オープンソースにより、関係者を全て纏めることができた。
    (ソニー、インテル、dish network, logitech、などなど)
   関連する業界のプレーヤーの巻き込み効果を発揮できる環境が整って、その中核に位置している。ソニーを巻き込んだことでネットもテレビも関連業界が一斉に動き出した!!Cable業界はインターネットサービスTV Everywhereに注力し始めたし、アプルまで焦っている。Apple TVではこんな連合艦隊の組織化はできない。
 グーグルテレビは動かす業界の規模、範囲が全く違うのである!!
 <解説>
  このレポートを初めて読んだ時、筆者はクラウドコンピューティングとグリッドコンピューティングの違いを想起しました。何故IBMらのグリッドコンピューティングは不調に終わり、内容的に差の無いクラウドコンピューティングは大きなうねりになったのか。それはオープンソースのコミュニティが動いた為だと言われています。
 グーグルはクラウドコンピューティングの時のオープンソース運動と同様に関連業界の色々なプレーヤーをまき混んで動き、そのため関連業界全体がその方向に動き始めました。 ここがグーグルテレビはこれまでの試みと規模が違うとJames McQuivey氏が指摘している点です。
 ★★ Google TV Is A Bigger Deal Than You Think
   http://blogs.forrester.com/james_mcquivey/10-06-10-google_tv_bigger_deal_you_think

After all, Google takes nearly $7 billion dollars into its coffers each quarter from that little old search engine it sports, a run-rate of $27 billion a year. In fact, this has long been a problem Google faces — its core business is so terribly profitable that it’s hard to justify investing in its acquisitions and side projects which have zero hope of ever contributing meaningfully to the business (not unlike the problem at Microsoft where Windows 7 is Microsoft). So why would Google bother with the old TV in our living rooms?

Okay, you give in, you say. TV’s a big deal. But haven’t so many tried this before? That’s essentially the point Steve Jobs used to marginalize Google TV on stage at D8, the All Things Digital conference. With all respect to the man (generally, a genius). He’s wrong.
Yes, it’s hard, yes it has been tried before, but no, Google TV is not in the same situation as Roku, VUDU, Boxee, or even Apple TV. Google TV is different; it’s more ambitious yet more likely to succeed. First of all, timing matters. With broadband penetration at two-thirds of US households — higher in many European and Asian markets — and with home networks in more than a third of US homes, the base layer of high-speed connectivity to and in the home can support Google’s ambitions. Plus, there’s enough content online between YouTube, Hulu, and Netflix, to make it worth the bother of connecting the TV (which, by the way, is why nearly 10 million homes in the US connect their PCs to their TVs to watch that content today, so Google’s asking us to do something millions of us already do).
But the mere combination of content and technology isn’t enough to make this work. There has to be a path to market that is likely to succeed and Google’s list of partners is what makes this worthy of consideration. Sure, Intel has been standing in the background, eager to wedge into the TV business for some time. Logitech hopes to provide the peripherals — boxes, keyboards, pointers, even cameras — that will populate the living room. But none of those partners can drive a large, open market of consumers using Google TV which is precisely what developers will want to see before they ignite the innovation necessary to take the TV experience to the next level.

 日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031