世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルゲーム> ノキアの次にフィンランドのネットを担う怒れる小鳥(アングリバード)がセルフォンネット全体に広がり始めた!!


 iPhoneにおけるソーシャルゲームトップの「アングリバード」は、悪い子豚に卵を盗まれた怒れる赤い小鳥が復讐するソーシャルゲームです。いまやあらゆる携帯ネットワークに広がり始めました。 iPhoneもアンドロイドもです。
 興味深いのはフィンランドでは衰え始めた「ノキア」の次世代の国を担うインターネットスター企業にアングリバードを開発したRovioが選ばれて、国中から期待されているいる点です。同様にマイクロペイメント決済のAPE PAYMENTも期待されていますが。(一方ノキアはアンドロイドと iPhoneに押されて利益が72億ユーロから16億ユーロ(約21億ドル)へと激減していますから。)
 IPhoneのアップスダウンロード数(有料の1ドル(実際は99セント)アップス)は50百万件を超え、一時期フィンランドのGDPの4%を超えていたノキアに次ぐ次世代インターネット企業として期待されています。
http://www.youtube.com/watch?v=QsXN3yNpDwU&feature=player_embedded

angrysub-birds-articleInline.jpg
 <引用元:ニューヨークタイムス>
 2010年12月11日はアングリバードデーでした。仮装行列の写真があります。
http://www.meetup.com/angrybirdsday/
angry12SUBBIRDS-articleInline.jpg
 ★★ Angry Birds, Flocking to Cellphones Everywhere
http://www.nytimes.com/2010/12/12/technology/12birds.html?_r=1&ref=technology

But Angry Birds, a hit game by Rovio, a small Finnish company, is one of the unlikeliest pop-culture crazes of the year — and perhaps the first to make the leap from cellphone screens to the mainstream.
Angry Birds, in which the birds seek revenge on the egg-stealing pigs, is meant to be easily played in the checkout line and during other short windows of downtime — but some players have trouble stopping. Rovio says people around the world rack up 200 million minutes of game play each day. (Put another way, that is 16 human-years of bird-throwing every hour.)

 ★★ After Nokia, Can Angry Birds Propel Finland?
  http://www.businessweek.com/magazine/content/10_50/b4207048626069.htm
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年12月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031