世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ> パナソニックのスマートテレビは「ビエラキャスト」から「ビエラコネクト」へと進化へ!!


 パナソニックさんの発表は判りずらいですね。
 パナソニックのスマートテレビである「スマートビエラ」の発表にあたって、ビエラキャストからビエラコネクトへと名前を変えて、オープン化された訳ですね。
 
 ビエラタブレットとスマートテレビ(スマートビエラ)の連動を持ってパナソニックがスマートテレビの戦闘宣言をしました。
 ビエラコネクトマーケット(マイクロ取引)も開始します。 内容は不明ですがアップスを含むアプルのアイチューンズをイメージしてると思われます。
 またビエラコネクトはグーグルテレビ類似のオープン化がなされます。

 さらに当社は、お客様のメリットの最大化を図るため、「VIERA Connect」のプラットフォームをオープン化し、サービスやアプリケーションの拡大を促進します。

  

当社は、2008年より、クラウド型インターネットサービス「VIERA CAST」を、米欧をはじめとする海外市場に展開してきました。新サービス「VIERA Connect」は、従来の「VIERA CAST」を大きく進化させたもので、対応するアプリケーションの数を大幅に増強するとともに、テレビでは世界初となる、「ヘルス&フィットネス機器」や「ゲームコントローラー」などのハードウェアとの連携機能や、これらの関連機器のオンライン・ショッピング機能をサポートしています。アプリケーションや関連機器をお好みに応じてお求め頂ける、このオンライン・ショッピング機能を、「VIERA Connect Market」として積極的に提案していきます。
「VIERA Connect」はまた、32bitの3次元グラフィック表示を採用した高品質なGUI※4で、より簡単で快適な操作を実現しています。サービス開始後も、クラウド型サービスの特長をフル活用し、アプリケーションの種類を拡充することはもとより、GUIの操作性や画面デザインなども随時進化させていきます。
ブロードバンド技術の進展により、インターネットテレビ(以下IPTV)の市場が世界的に拡大する中、グローバルの薄型テレビ需要に占めるIPTVの比率は、2014年に4割以上を占めるものと予測されています。(民間調査会社調べ)
こうした中、当社のIPTVは、地域のニーズに応じた多彩なコンテンツやサービスの提供と、テレビならではのストレスの無い優れた応答性・操作性などで、世界の市場から高い評価を得ています。
当社は、さらに進化した「VIERA Connect」サービスに対応するネット対応テレビを、「Smart VIERA」として今春から米国に市場導入します。2012年度にはグローバルのIPTV販売比率※5を7割に高め、世界のIPTV市場を牽引して参ります。

  ★★ 新・クラウド型インターネットサービス「VIERA Connect」を今春より開始
http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn110106-8/jn110106-8.html
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031