世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ITトレンド> 2011年のITトレンドを米国調査企業がまとめています。


 E-Marketerの調査ですが、2011年のITトレンドが発表されています。
それによると、以下の通りです。
  ★インターネット広告の成長率
    2009 マイナス3.4%
    2010   +  13.9%
    2011   +  10.5%
    2012   +  14.4%
    2013   +  10.4%
    2014   +  12.5%
   
  1、(グルーポンのような)オンライン入札ビジネスは新しいマーケティング手法が開発される。
  2、ネット広告の成長に伴い、プライバシー問題が更に議論される。
   特にソーシャルメディアの活用領域。
  3、それにもかかわらずソーシャルメディアマーケティングは伸びる。
   社員数100人以上の会社の80%はソーシャルメディアをマーケティングに活用する。2008年は42%だった。倍増する。
  ロケーションも重要になる。
  ソーシャルショッピングと個人化の問題も重要になる。
  スマートフォンでの価格比較などは一般化する。
  4、モバイルデバイスなどの個々のデバイスだけでマーケティングする時代は終わり、テレビ、スマートフォン、タブレット特にiPadのコンバージェンスを活用した広告が必要になる。
  
  ビデオのマーケティングは非常に重要である。テレビと録画機、モバイル、パソコンだが、モバイル機器の映像使用が伸びている。
   デジタルコンバージェンスは、チャネル、デバイス、プラットフォームを通じて進む。特にモバイル、ネットブックなどとのコネクト機器のユーザーは映像を好んで見る。(このあたりはスマートテレビも含めた3スクリーンのネットワーク活用を意識しているらしい。)
  5、米国の国勢調査が示すように今後はヒスパニック層、黒人層、子供、シニア向けのマーケティングが重要になる。
 
  ★★ IT Trends for 2011
18ぺー時なのでダウンロード形式になっています。一応登録が必要なようですが。
http://www.emarketer.com/go/Trends2011.aspx
http://www.emarketer.com/docs/eMarketer_11_Trends_for_2011.pdf
日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年6月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930