世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ソーシャルテレビ>テレビの価格下落がない!?ネットテレビも出る? 2011年を大胆予測!


 エコポイントの貢献も大きく一般的に2010年は2700万台売れたと言われています。
しかし2011年は従来のテレビ販売台数=国内ではほぼ一千万台、に戻ると言われています。
 さて取り上げるのは2011年テレビ販売の予測記事です。
 アスキーXデジタルの一般的な予測ですが、2011年の国内テレビ市場を占っています。2011年7月までは無風でスタンダードなモデルが売れる、秋から3Dやスマートテレビが国内に大挙登場すると言うシナリオですが。

薄型テレビの売れ筋は、アナログ放送が終了する7月までは、買い替え需要に合わせた比較的価格の安いスタンダードなモデルになるだろう。特に夏のボーナス商戦はアナログ終了前の最後の大規模な購入機会となるため、各社とも販売台数を見込める省エネ重視のモデルなどを前面に押し出してくるものと思われる。
 気をつけたいのは、テレビの価格下落は思ったよりも進まないと思われること

■ 3Dテレビは裸眼へ

  まずは、昨年登場した3Dテレビ。高画質テレビの代表として今年も各社が製品を投入するだろう。左右の映像が混じってしまう“クロストーク”の低減技術についても、各社がさまざまな方式で対策しており、より見やすく、立体感の豊かな3D映像が楽しめるようになるはず。

 ■ テレビの新しいスタイルとなるか?インターネットTVがますます本格化

今や薄型テレビの基本機能となりつつあるネットワーク機能がますます本格化するのも、今年のテレビの大きな話題となるだろう。
 ソニーが発表した「Google TV」をはじめ、PCやスマートフォンに近い性能を備えたテレビが各社から本格的に登場しそうだ。Google TVのほか、シャープや東芝も動画配信やSNSサービスを利用できる機能をテレビに内蔵するなど、従来のネットワーク機能がさらに一段階進歩するだろう。
 これに合わせて、スマートフォン連携も加速する。スマートフォンのアプリを追加することで、タッチパネルによる快適なリモート操作を実現する機能がますます加速しそうである。今や薄型テレビの基本機能となりつつあるネットワーク機能がますます本格化するのも、今年のテレビの大きな話題となるだろう。
 ソニーが発表した「Google TV」をはじめ、PCやスマートフォンに近い性能を備えたテレビが各社から本格的に登場しそうだ。Google TVのほか、シャープや東芝も動画配信やSNSサービスを利用できる機能をテレビに内蔵するなど、従来のネットワーク機能がさらに一段階進歩するだろう。
 これに合わせて、スマートフォン連携も加速する。スマートフォンのアプリを追加することで、タッチパネルによる快適なリモート操作を実現する機能がますます加速しそうである。
最も先進的なのがパナソニックの「VIERA Connect」。同時に発表されたタブレット型のAndroid端末「VIERA Tablet」と連携し、テレビ操作どころか、さまざまなデジタル家電や健康器具と連携し、より多彩なサービスを実現するものだ。

  ★★ テレビの価格下落がない!? 2011年を大胆予測!
   4K2Kや3D、ネットワーク機能の強化で、TVがさらに進化!!
  http://ascii.jp/elem/000/000/581/581148/
   日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年10月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031