世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<資金調達> グールドマンのフェースブック私募が情報漏れで後退、米国投資家をはずす決定!!


 ニューヨークタイムスの記事です。ゴールドマンサックスはニューヨークタイムスを相当恨んでいるようです。ゴールドマンによるフェースブック株式の私募計画(密かに数少ない投資家に株式を引き受けてもらう計画)がニューヨークタイムスに漏れ、その為、米国証券委員会が調査に乗り出しました。
 その結果、ゴールドマンサックスは米国投資家をフェースブック株売り出しの対象外としました。(引き受けか売り出しかちょっとわかりませんが。引き受け=株の増資、売り出し=創業者らの持つ既存株式の売却)
 フェースブックの株式の売出しが明確になった以上、私募計画は米国内では受け入れられないということのようです。
 仕方なくゴールドマンは海外の投資家を対象に売り出し先を探します。
米国証券取引法では500人を超えると「引き受け」または「売り出し」とみなされて証取法のレギュレーションを受けるようです。そうなれば財務情報などの公開義務を負います。
 フェースブックとゴールドマンはこれを秘密裏に実行したかったようです。
 <解説>
  以前、日本でもリクルートの創業者江副さんが、リクルート株を知人に引き受けてもらう為、色々行脚し、大手新聞の社長らが個人的に引き受けました。しかし証取法の規定の人数を無知により超えたため、「売り出しに当たる」「事前の許可を得ていないのは証取法違反」となって関連者が逮捕されたり、株式をを引き受けた人々が辞職した事件がありました。
  ゴールドマンのやり方は、あまりに上手い話なのでどうかと思っていましたが、少しまずいことになっています。今後を注視しましょう。
 ★★ Goldman Limits Facebook Investment to Foreign Clients
  http://dealbook.nytimes.com/2011/01/17/goldman-limits-facebook-investment-to-foreign-clients/?ref=technology

Just more than a week after Goldman Sachs offered its most prized clients a chance to invest in Facebook, the firm on Monday withdrew the opportunity from clients in the United States because of worries that the deal could run afoul of securities regulations.

Within days of the news breaking about the offering, the S.E.C. began an inquiry, looking both at the news reports and the structure of the transaction.
The deal itself was considered controversial because the S.E.C. requires companies to publicly disclose their financial results if they have more than 499 investors. But Facebook’s plans, according to a Goldman offering memorandum, were to go public by April 2012, following the timeline set by the rule.

  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年2月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829