世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<sns> フェースブックのプレーシーズを活用して大成功した米国バスケットチーム


  マシャブルの記事ですがNBA(米国のバスケットボール協会)に属する Golden State Warriorsは、フェースブック・プレーシーズ(フォースクエア対抗サービス)のトライアルに招かれてサービス活用を開始し、16万人のファンを獲得して大成功しています。理由はフェースブックのロケーションに近いので色々試せると言ったところでしょうか。
 プレーシーズにはチェックインによる色々なプログラムが準備されています。
  1、ndividual Deals (個人への割引や誘い)
  2、Loyalty Deals (巻き込み効果を狙った参加プログラム)
  
  3、Friend Deals (知り合いの紹介や知り合いと一緒の割引など)
  4、Charity Deals (チャリティへの参加)
 Golden State Warriorsの場合にはもっぱらndividual Deals (個人への割引や誘い)のプログラムを活用して成功しました。
 例えば試合の後に「あなたは選手との交歓会に招待されました!!」とか
グッズの割引などです。
 流石にネットコミュニティではなくネットを介した物理的社交を重視するフェースブックですね。
  http://www.facebook.com/pages/Golden-State-Warriors-Home-Game/139698869410193
FacebookCheckIn.jpg
check_in_table.jpg
 (ゴールデンステート ウオリアーズの交歓会)
  ここまで来るとフェースブックはミートアップに近いですね。
golden-state-warriors.jpg
 <引用:マシャブル>
  ★★ How Facebook Deals Are Helping One NBA Team Connect With Fans
  http://mashable.com/2011/02/14/facebook-deals-case-study/
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年5月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031