世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<ビデオフォン>スマート革命でテレビ電話が急成長する訳!!


 ベンチャービートの記事ですがスマートフォン時代の到来と共にスカイプのようなビデオ電話=テレビ電話が伸びています。そのわけが書いてあります。
 例えば2011年1月にSkype’s iPhone アップスが登場したとたん、あっと言うまに1千万ダウンロードを記録し、その日の内にSkype’s iPhone アップスから百万コールが発信されています。
  VentureBeat Mobile Summitが4月25日ー26日にinvitation-only eventで行われます。場所はカリフォルニアです。その景気付けの記事ですね。
 スカイプなどでは既に4割はビデオ電話です。確かに流行ってますよね。
 では何故これまで流行らなかった歴史あるコンセプトのビデオ電話が流行っているんでしょうか?
 1、The Social Networking Generation
   SNS世代の到来がビデオ電話を好む。確かに彼らの中からランダムなビデオ会話をする Chatroulette などが誕生し、人気ですから。可視化を気にしない世代だからビデオ電話=顔出し電話も気にしないという見方です。
 確かに多くの日本女性も見ず知らずの海外の相手とビデオ電話をしているという話をネットでは良く聞きます。
 彼らはソーシャルメディア世代=USTREAM世代ですから。
 2、Call quality has taken quantum leap
  ブロードバンドや無線ブロードバンドなどのお陰で品質が格段に改良されている。
  これはUSTREAMなどの流行とも一致しますね。
 3、Cross-Product Integration
  スカイプをサポートするスマートフォンの大量登場やスマートテレビ(パナソニック、ソニー、LG、ビジオ)などの普及が大きいようです。
 4、Cross-Product Integration
  その結果、ネットワーク効果が働き始めた訳ですね。
 参加人数が増えるほどサービスの価値が上がるのがネットワーク効果です。
skype-iphone-video-chat.jpg
 <出所:ベンチャービート>
  ★★ Can you see me now? 4 reasons why video calling is ready to take off
   http://venturebeat.com/2011/04/19/video-calling-mainstream/


If there’s one 2011 prediction that a better part of the world’s communication and technology analysts are in consensus on, it’s the surge in consumer video calling adoption.
Last year, Skype users spent 70 billion minutes of cross-platform desktop video calls. That’s roughly 40 percent of the total. In the beginning of January, the long-awaited video calling addition to Skype’s iPhone offering hit the App Store. 10 million users downloaded it and 1 million Skype video calls were initiated during that first day alone.

A recent report from ComScore on U.S. mobile subscriber market share outlined 65.8 million smartphone owners in America alone as of January, 2011. Out of these devices, a preponderance are represented by models like the Apple iPhone 4, Samsung Epic 4G, HTC Evo 4G, Motorola Droid X, Motorola Droid 2 and Motorola Atrix 4G, all equipped with a high-resolution front-facing cameras.
Then we have the Tablets. A March IDC report states close to 18 million units in the Media Tablet category were shipped in 2010, with Apple accounting for an 83% share. Fast forward to present day and we have the eminent releases of the Motorola Xoom, HP TouchPad and RIM PlayBook all launching this quarter ready to do battle against Apple, whose second generation iPad allegedly sold out after its launch weekend. Loren Loverde, vice president Consumer Device Trackers with IDC, reports that world-wide tablet shipments are on track to reach an estimated 50 million units by the end of 2011.
With such a large number of smart devices capable of facilitating video calls in the hands of consumers, a Network Effect is achieved and a value and purpose is associated with owning a device equipped with a front-facing camera.

日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031