世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<スマートテレビ> テレビは単なる視聴用機器の一つになる!!?(WSJ)


 WSJの東京発の記事ですが北米の市場を支配している日本のテレビメーカー、韓国のテレビメーカーの苦境について解説しています。
 韓国のメーカーはパネルが真っ赤、日本のシャープ、パナソニック、ソニーなども赤字で数を絞る状況だと。
  3D化では価格下落に歯止めがかかりませんでした。
 テレビはネットに繋がれネット番組の視聴ができるようになっています。グーグルやネットフリックス、アップルなども進出してきています。
 その結果、テレビは家庭の卓越した立場からはずれ、パソコンやiPadやスマートフォンなどのモバイルなどと横並びの視聴機器の内の一つになると書いています。
 テレビの存在感が希薄化しますよね。これは結構、重要な問題です。
 そうなればテレビは永遠にコモデティ商品として殆ど稼げないビジネスになります。
 4Kx2Kなどの高精細画像がもはや競争力を持たない、値段だけが競争力を持つコモデティの時代ですね。
 DisplaySearch.によれば2011年のテレビは25%がネット対応したものであり、2015年は半分がネットテレビです。しかしコモディティが主体、一方50インチ以上のみが高級品なんですね。


Now, another shift is taking place, and it is threatening to rob televisions of their prominence—and value—in the home. With more people streaming or downloading video as an alternative to cable or satellite broadcast, more consumers are watching TV shows and movies on smartphones, tablets and laptops. The television, meanwhile, may become just another screen.

TV.jpg
<引用元:WSJ>
  ★★ A Bleak Picture for TV Makers
   日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter

関連記事

2019年11月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930