世界中のソーシャルに関するニュースを紹介、配信するサイト

<Eコマース> グーグルの24時間内デリバリーサービスの提案が煽るアマゾンとの不仲!!


 ウオールストリート誌の記事ですが、グーグルの1日以内配送サービスの小売大手に対する提案がアマゾンとの不仲を増幅するという記事です。
 アマゾンは1994年、設立、グーグルは1998年設立であり、当初は非常に仲良しでした。特に2002年のAdWordsをグーグルが開始した時にはアマゾンは大得意先の一つでした。
しかし当時からアマゾンのジェフ・ベゾスCEOは「アマゾンとは何時かぶつかる」とこの日が来ることを予見し、グーグルには必要以上の情報を提供しないよう厳しく社内を戒めていました。その結果、グーグルはAdWordsが実際にどの程度、アマゾンの販売に有効なのか詳細がまっったく不明という状態が長く続いたそうです。
グーグルはアマゾンに対する報復措置として keywords の数を制限したり、このころから対立が始まったようです。その後アマゾンの嫌がるネットの価格比較サービスをグーグルが開始したり、次第に亀裂が深まっていったそうです。


In AdWords, advertisers bid to have their ads placed next to search results for specific keywords typed by Google users in the search box. Early returns were strong for Amazon, said people familiar with the matter.
Even back then, Amazon’s Bezos believed Google could become a future competitor to Amazon, said a person familiar with the matter. Bezos, who was an early investor in Google, told his AdWords buying team not to talk to Google, this person said.

 ★★ Delivery Plan Makes Google More Foe, Less Friend to Amazon
  日本ナレッジマネジメント学会 専務理事 山崎秀夫 borg7of9 twitter3

関連記事

2020年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031